進化し続けるクラウド電子カルテ
「クリプラ」

電子カルテ「Clipla(クリプラ)」を動画で解説

"質の高い医療を少ない労力で行うことのできる環境を医療者へ提供すること" をミッションに、医療現場の最前線で活躍するアドバイザーの監修のもと誕生したクラウド電子カルテが登場。

Pickup News

2016/07/01 
総額約2億円の資金調達を実施
1日あたり300円〜

初期費用 0 + 月額 9,800

何人で使っても、どれだけ使っても、毎月のお支払い額は一定です。 1日あたり約300円 で、最新の電子カルテがあなたのクリニックに。患者数が100名に達するまで、ずっと 無料 でお試しいただけます。 料金プラン

医療者の視点で作りこんだユーザーインターフェース

シンプルで使いやすいことを徹底的に追求。オンラインショッピングのように、使い始めたその日から直感的な操作が可能です。マニュアルを開いたり、研修を受けたりする必要はもうありません。

いつものカルテを往診先でも

インターネットに接続した環境であれば、PCでもタブレットでもお使いいただけます。もちろん訪問診療先でも利用可能。いつでもどこでも、あなたと患者のそばにいます。

メンテナンスフリー
システム管理の必要はもうありません

定期的なバックアップなどのサーバー管理は、すべてクリプラにお任せ。診療報酬改定や新しい薬剤の追加などのマスターデータ更新もクリプラが全て自動で行います。

金融機関と同レベルのセキュリティを採用
不正アクセス対策も完備

インターネットバンキングでも採用されているシマンテック社「EV SSL証明書」を採用。通信上のデータもサーバーに保存されているデータも全て暗号化されているので、読み取られる心配はありません。また、不正なアクセスを防止するため、海外からアクセスがあった場合にはお客様あてにメールで通知いたします。電子保存の三原則に準拠していることは言うまでもありません。

日本医師会が提供するレセプトソフト「ORCA」と連携*

電子カルテに入力されたデータはORCAに転送されるため、レセプト入力の手間が大幅に削減。患者さんの会計待ち時間の短縮にも貢献します。*ORCA連携はベーシックプランのみの提供となります

患者さんの情報はすべて手のひらのなかに
スマートフォンのカメラと連携

患者さんの患部の状態や手書きのシェーマ、紙に出力された検査結果、他院から受け取った手紙などをデータ保存。真のペーパーレス化も夢ではありません。

キーボードフリー
医療用音声入力システムに対応*

数多くの医療機関で導入実績のある「AmiVoice®」に対応。マイクに向かって話した内容が、そのまま電子カルテに記録されます。患者さんを診療しながらキーボードに触れることなく、電子カルテにさまざまな情報を入力できます。*別途ご契約が必要です

無料で試してみる

どんどん増える便利な機能。
クリプラは進化を続ける電子カルテです。

ショートカット登録

よく使う傷病名、薬剤、検査、処置などは予め登録をしておくことで、ワンクリックでカルテに記録できるようになります。初期登録はクリプラが無料で行います。

Do処方

前回の処方内容をそのまま今回のカルテにワンクリックで転記できます。定期処方の入力もワンクリックで。

患者検索

傷病名、薬剤名、来院日などで患者さんを検索することができます。『先月来院した◯◯病の患者さん…』と記憶が曖昧でも大丈夫です。

とりおきカルテ

紙のカルテに「ふせん」を貼るように、気になる患者さんのカルテを「取り置く」ことができます。とりおきカルテは一覧表示されるので、残りのタスクが一目瞭然です。

NEW
オンライン病気事典

カルテに入力した傷病名と、オンライン病気事典「MEDLEY」のページを直接リンク。患者さんに対する病状説明を効果的・効率的に行なえます。
クラウド電子カルテ「Clipla」によるオンライン病気事典「MEDLEY」のデータ活用開始 »

NEW
医療機関名サジェスト

診療情報提供書(紹介状)作成時に、紹介先医療機関名の一部を入力するだけで該当する医療機関の候補を「正式名称」で表示。医療機関名の誤表記を防ぎます。
クラウド電子カルテ「Clipla」がミーカンパニー社の「スクエル・データベース」と連携 »

NEW
処方せん発行

QRコード付きの「処方せん」をワンクリックで作成できます。QRコードを読み取ることで、調剤薬局でのデータ手入力業務が不要となります。平成28年度診療報酬で改定された新しい書式にも対応しています。

無料で試してみる

メディア掲載