ニュースリリース

NEWS RELEASE
2018年03月13日

資本提携に関するお知らせ
~クラウド電子カルテ事業における協業~

 診療所向けクラウド電子カルテ「CLIPLA(クリプラ)」を提供するクリニカル・プラットフォーム株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役 鐘江康一郎、以下「クリプラ」という)と、株式会社エムティーアイ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 前多俊宏、以下「エムティーアイ」という)および株式会社メディパルホールディングス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長 渡辺秀一、以下「メディパル」という)は、クラウド電子カルテの普及促進に向けた協業を推進していくため資本提携いたしましたことを、下記のとおりお知らせいたします。

1. 資本提携の背景と目的

 国内の多くの診療所では、依然として紙のカルテを使った診療録の運用が行われております。その背景には、診療所向けの電子カルテの導入にかかる高額なコストが要因のひとつであると言われております。一方で、診療所においてはICT※導入により会計・患者管理・経営管理などさまざまな業務の効率化を行い、医療従事者が医療行為により専念できる環境を実現していくことが喫緊の課題となっております。
 そのような中で、診療所向けクラウド電子カルテのリーディングカンパニーであるクリプラは、その導入の加速および、診療所向けソリューションの開発体制の強化を図るため、エムティーアイとメディパルを引受先とする第三者割当増資を実施いたします。

 エムティーアイは、2017年4月にクリプラと資本提携を行っておりますが、同社との協業をさらに緊密にしていくため、上記の第三者割当増資を引き受けるとともに、同社の既存株主から株式を譲り受けます。これにより、エムティーアイの同社への出資比率は50.86%となる予定であります。

 メディパルとエムティーアイは、医療・ヘルスケア領域のIT化を普及・促進させていくため、2016年6月に資本業務提携を行いました。その提携の一環として、メディパルはエムティーアイとともにクリプラの第三者割当増資を引き受けます。これにより、メディパルの同社への出資比率は10.14%となる予定であります。

 診療所向けクラウド電子カルテ市場は今後の急成長が期待できる分野であり、今回の資本提携を契機に、クリプラのクラウド電子カルテの開発力、エムティーアイの開発力・マーケティング力、そしてメディパルの営業力を組み合わせた3社による協業を推進していくことにより、クラウド電子カルテの普及促進を目指していきます。

 また、将来的にはクラウド電子カルテを通じて、新しいICT技術や医療データ、ヘルスケアデータ等を活用した診療所向けの新たな付加価値サービスを提供していくことを想定しております。3社の強みを活用した協力関係を基に、医療・ヘルスケア領域のIT化を実現し、ステークホルダーにとって価値あるサービスを提供していきます。

※ICT:Information and Communication Technology

2. 提携会社の概要

(1)クリニカル・プラットフォーム株式会社(2017年12月31日現在)

代表者 代表取締役 鐘江康一郎
本社所在地 東京都千代田区麹町三丁目7番8号
事業内容 クラウド電子カルテ等の開発
資本金 217百万円
設立年月日 2013年10月25日

(2)株式会社エムティーアイ(2017年12月31日現在)

代表者 代表取締役社長 前多俊宏
本社所在地 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
事業内容 コンテンツ配信事業
資本金 5,070百万円
設立年月日 1996年8月12日

(3)株式会社メディパルホールディングス(2017年12月31日現在)

代表者 代表取締役社長 渡辺秀一
本社所在地 東京都中央区八重洲二丁目7番15号
事業内容 持株会社として「医療用医薬品等卸売事業」、「化粧品・日用品、一般用医薬品卸売事業」 ならびに「動物用医薬品・食品加工原材料等卸売事業」などを行う関係会社の株式を所有する事による当該関係会社の経営活動の管理・支援および当社グループにおける事業開発等
資本金 22,398百万円
設立年月日 1923年5月6日

資本提携に関するお知らせ~クラウド電子カルテ事業における協業~ (PDFファイル 350KB)


  • プレスリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。