医療分野の課題解決を目指す
開発体制

DEVELOPMENT STYLE

複雑で広範囲な医療分野

近年、Health Tech(ヘルステック)という言葉が話題になっている通り、医療分野へのIT技術の応用はまだまだ進む可能性を秘めています。実際、コンシューマ分野で広く使われている技術を用いることで、医師や患者の負担を下げ、より効果的な医療につなげられることは、想像に難くありません。
しかし、同時に「では、なぜそれらが実現されていないのか?」ということについても考える必要があります。実現されていない理由は様々ありますが、大きな要因としては、医療分野には様々な法律やルールが複雑に絡み合っており、同時に関連する範囲も広いということが上げられます。

こういった分野に対しては、B2C向けのウェブサービスに良くあるような、「単純明快なアイデアをベースにシンプルなサービスを実装する」というアプローチは取りづらいのが実情です。新しく適用可能な技術と、未来を見据えたコンセプトを実現するには、エンジニアからみれば “面倒なこと” が山積みになっているといえるでしょう。
しかしながら、そういった “面倒なこと” をひとつひとつ丁寧に片付けていかなければ、高品質・低コストの医療を実現できないことも確かです。そのためには、10年後、20年後にどういった医療サービスが当たり前となっていて欲しいかを常に見据えながらも、目の前にある問題の一つずつに集中し、「医療の仕組み」を着実にサービスとして実装していくためのエンジニアが求められています。

開発に打ち込める環境

そのため、弊社ではエンジニアが開発に集中して、生産性の高い状態をキープできるよう、様々な施策を実施しています。たとえば、最大週4日のリモートワーク。通勤による心身の負担を低減させると同時に、ワークライフバランスの向上を目的としています。ミーティングは全員が出社する月曜日に集中させ、リモートワーク中は全員がSlackを中心としたコミュニケーションを行うようにして、出社しているメンバーだけが情報の取得に有利になるような状況が発生しないよう、気をつけています。
開発体制面では、アジャイルのプラクティスを多く取り入れており、Pivotal Trackerでストーリーを管理し、GitHub上でPull Requestを作ってレビューを受け、CI上で自動テストを走らせるという、GitHub上での一般的な開発フローを採用しています。

プロダクトポリシー

安定性を重視

安定性を重視

弊社が提供するサービスは、まず第一に安定性が強く求められます。サービスの安定稼働は最優先の項目となります。そのため、新しく登場した話題性の高いソフトウェアやサービスを積極的に取り入れるということはほとんどありません。それらのサービスが年月を経て採用可能になるかどうかの見極めは積極的に行っています。

拡張性を考慮した各種技術の選定

拡張性を考慮した
各種技術の選定

安定性と同時に、クラウド型電子カルテということもあり、定期的な機能改善や新機能の追加も求められています。そのため、利用するソフトウェアは安定性を最重視しつつも、サービスの改善や機能追加の面から見てエンジニアが使いやすいソフトウェアやサービスを選択する必要があります。

業務への理解に基づいた実用的な機能の実装

業務への理解に基づいた
実用的な機能の実装

医療関連業務は非常に複雑で、業務全般への理解無しではサービスの実装はできません。実際の業務知識を持つメンバーや医療関係者へのヒアリングを通じて、実際の業務で「使える」機能を実装するため、エンジニアにはいくつか医療業務関係の資格について勉強をしてもらっています。

開発環境

  • Ruby
  • Ruby On Rails
  • PostgreSQL
  • PivotalTracker
  • GitHub
  • CircleCI
  • Buildkite
  • Amazon Web Services
  • Docker
  • Ansible
  • Slack
  • esa.io
  • New Relic
  • Sentry
  • PagerDuty
  • Mackerel

私たちと一緒に新しい仕組みを
創っていきませんか?

採用情報