ニュースリリース

NEWS RELEASE
2016年02月04日

クリニカル・プラットフォーム、新経済連盟に加盟

 ヘルスケア領域でインターネットサービスを展開するクリニカル・プラットフォーム株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役 鐘江康一郎)は2月3日、経済団体「一般社団法人 新経済連盟」(代表理事:楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷浩史)に加盟したことをお知らせいたします。

 当社は、新経済連盟が掲げる「eビジネスの拡大とITのさらなる活用を軸にさまざまな新産業の発展、イノベーションの促進を通じて日本の競争力強化の実現」をともに目指し、IT推進を通じて、さらなる医療の充実と発展のために役割を果たしていきます。

 このたびの新経済連盟への加盟に際し、クリニカル・プラットフォーム代表取締役の鐘江康一郎は次のように述べています。

クリニカル・プラットフォーム代表取締役 鐘江康一郎

「新経済連盟への参画を大変嬉しく思います。医療と経済は相反するものと思われがちですが、今後、日本が超高齢化社会を迎えるにあたり、医療機関にも一層の経営努力が求められることは間違いありません。クリニカル・プラットフォームは低価格で高品質なクラウド電子カルテやERPサービスを提供することで、日本の医療機関、とくに診療所のICT化を加速させ、業務効率化に貢献してまいります。また、医療機関の経営改善に必要となる政策提言も積極的におこなっていく所存です。」

【参照資料】

「一般社団法人 新経済連盟」について

http://jane.or.jp/about/union.html


20160203_クリニカル・プラットフォーム、新経済連盟に加盟.pdf (1.2MB)


  • プレスリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。